京都の話題・情報サイト「たびあず京都」

京都大好き! 京都をキーワードに、お店の情報はもちろん、最新ニュースなど、京都大好きな人なら誰でも楽しめる、京都情報サイトです。


[パンジャビドレス]タウンユースで着られそうな民族衣装

[パンジャビドレス]タウンユースで着られそうな民族衣装 : Kyoto:Tavi-Azu [たびあず京都]
旅の思い出に海外の民族衣装を買って帰りたい……できればそれをオシャレに着こなしたい……。そんな望みを叶えるポテンシャルを秘めたバングラの民族衣装・パンジャビ。安くてオシャレなそれを求めて街を彷徨いました。   民族衣装は派手!普段着として着られる民族衣装は無いのか? こんにちは!節約バックパッカー植竹智裕(うえたけともひろ)です。世界一周中の僕は現在、この辺りにいます。   旅をしていると見かける機会が多い民族衣装。試してみたいと思う方は多いのではないでしょうか?   民族衣装と言っても、冠婚葬祭など特別な行事の時にしか着られないものや、今でも日常的に着られているものなど様々。中でも前者はきらびやかな装飾がある事が多く、日常的に着るには少し派手過ぎるように思えます(写真はインドネシアのバリ島で見たレゴンダンスのダンサーの民族衣装)。   記念撮影用に着させてくれる場所もありますが、もし記念に買ったとしても日本で着こなすのは難しそうです(写真はチベット系民族の民族衣装)。   普段着でも着られそうな民族衣装を発見 南アジアのサリーのように普段着として着られる民族衣装もありますが、特に女性用の物が多いように思えます。日本で日常的に和服を着る男性が少ないのと同様、どの国でも男性はシャツにスラックスやジーンズといった西洋的な服装が一般化していて、あまり特徴がありません。これはちょっと寂しい……。 しかし!バングラデシュを旅している時に、普段着として着られそうな民族衣装を発見しました。それがカミーズと呼ばれる丈の長いシャツです。   “カミーズはアジアの民族衣装。日本では「パンジャビ・ドレス」、または、略して「パンジャビ」という呼び方が一般的Wikipediaより引用。 ※インドではクルターと呼ばれるなど地域によって呼称が違いますが、バングラデシュではパンジャビと呼ばれていたので以降パンジャビと表記します。  

注目の動画記事

おすすめ記事

loading